自分史えほん、自分史フォト 始めました!!

みなさん、こんにちは!「家族信託」や「遺言書」、「任意後見」など生前の相続対策に特化した取組を行うディアパートナー行政書士事務所です。今回は、私が代表社員を務める合同会社ディアパートナーが取り組む「自分史えほん」と「自分史フォト」についてです。

自分史えほん・フォト

PRTIMES社のリリース配信

まずは、6月30日に行ったPRTIMES社のリリース配信記事をご覧くださいね。↓

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000081242.html

この配信は、PRTIMES社のスタートアップ企業を応援する「スタートアップチャレンジ」が適用され、無料となりました。(通常は33,000円/回)

この制度は、株式会社や合同会社などを設立して2年未満であれば、同社のリリース配信が、月1回、全部で10回まで無料となるものです。以前は、2年間にわたり毎月1回無料でしたが、制度改正され、配信回数は少なくなりました。

とはいえ、無料で10回までリリース配信ができるのは非常にありがたいことです!

自分史えほんサンプル

自分史えほん・自分史フォトはどんなサービスは?

今月、アナタの半生を7場面にした「自分史えほん」と「自分史フォト(写真集)」のサービス提供を長野県エリアで始めました。

このサービスは、

①ご自身の半生を自分史7場面にまとめたオリジナル写真集・絵本の作成サービスです。
②プロの編集人が直接ヒアリングを行い、アナタと伴走しながら作成していきます。
③A4スクエア版の自分史写真集、または自分史絵本3冊を上製本してお届けします。

このサービスの大きな特長は「プロの編集人」がヒアリングを行い、一緒に伴走しながら、7場面を構成していく点です。アナタの半生を描く「自分史えほん&フォト」をよりドラマチックなストーリーにして作り上げることができます。

自分史えほんサンプル

なぜ、このサービスを行うのか?

相続対策に特化した行政書士(私です!)が、なぜこのようなサービスに取り組むことにしたのでしょうか?

それは、皆様に「自分史フォト」や「自分史えほん」の作成を通じて、遺言書作成などの「相続対策」や「終活」をより身近に感じていただき、余裕を持って「相続対策」や「終活」に着手する機運醸成を図ることで、より充実した人生を過ごしていただくことができるのではないかと考えたからです。

気になる価格は?

気になるのは、どのくらいの価格かということですが、これについては、以下のとおり設定しています。

○自分史フォト
・自分史フォト「プロといっしょに」 自分史写真集(3冊)  価格166,100円
・自分史フォト「構成をお手伝い」   自分史写真集(3冊)  価格 50,600円
・自分史フォト「すべてご自身で」  自分史写真集(3冊)  価格 39,600円

○自分史えほん
・自分史えほん「プロといっしょに」 自分史えほん(3冊)  価格298,100円

なかなかの値段と思われるかもしれませんが、全国の同類サービスと比較すれば控えめな値段設定だと考えております。

なおかつ、プロの編集人が伴走しながらのこのサービス、クオリティ的には絶対の自信を持っております。

また、「自分史えほん」のサンプルを描いたイラストレーターさんの技術は高く、サンプルのクオリティの高さに、プロの編集人も驚嘆しています。(「自分史えほん」は、本当におススメです!)

このイラストは編集人が絶賛していました!

自分史えほん&フォトの仕様は?

「自分史フォト(写真集)」、「自分史えほん(絵本)」ともにそれぞれ3冊です。
A4スクエア、上製本、合紙綴じ、7場面、「自分史えほん」は原画付きとなります。

ワークショップ(体験講座)を開催

自分史えほん&フォトの発売を記念して、自分史○○をドラマティックに書く方法を学ぶワークショップを開催します。

主な講座内容は、ご自身の半生を思い返していただきながら、ストーリーの作り方や写真の選び方など、自分史○○作成のコツや場面構成をプロの編集人から学べるワークショップとなります。

日時:令和4年7月30日(土) 10時~11時30分

場所:松本市中央公民館(Mウィング)

その他:参加無料ですが事前に申込みが必要です。参加申込みは事務局へご連絡願います。

ワークショップ申込フォーム ↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeeolnW-7aUdf6cxj1cOG-wQfc83HIyrrPHSwZZN2ZBDVC4Tw/viewform

自分史えほんサンプル

ふるさと納税返礼品にも!!

今回ローンチしたこのサービス。多くの方に知っていただきたく、松本市のふるさと納税返礼品にエントリーしたいと考え、松本市移住推進課をお訪ねし、エントリーが可能かどうかを先日聞いてきました。その回答やいかに。

自分史えほんサンプル

注目の回答は?

松本市の担当者からの回答は、至極当然なお答えでした!回答の概要は以下のとおり。

このサービスが返礼品として可能なのかどうか、同市では同種のサービスがないので分からない。したがって、長野県へ照会してみる。(恐らく県でも回答しかねる類かと思われますので、総務省への照会となるのでしょうか)・・・とのことでした。

時間がかかるにしても、何らかの回答はいただけるでしょうから、エントリーが可能となった場合は、「松本市ふるさと納税返礼品」にエントリーしたいと思います。(絵本や写真集をそのまま返礼品にするのではなく、○○円分ギフト券として返礼品とする予定)

自分史えほんサンプル

生前の相続対策をより身近に!

今回、生前の相続対策をより身近に感じていただけるツールとして、「自分史えほん」と「自分史フォト」の作成サービスの取組みを始めました。

当該サービスを開始するために、相続関連の有志の皆さんと協議を重ね、なるべくスモールビジネスとしてスタートさせるべく、今日にいたりました。

今後も、相続に関係する業種の皆さまと協業を図りながら展開していきたいと考えております。

相続対策のご相談は↑

自分史えほん・自分史フォトのWebは?

ご覧の専用Webでも「自分史フォト・自分史えほん」の固定ページを開設していますが、他には、以下のWebでご確認いただけます。

ディアパートナー相続専用サイト ↓

https://www.dp01.co.jp/

コンパス 自分史えほんサンプル ↓

自分史えほん | コンパス (web-compass.net)

今後も、生前の相続対策について、相続が発生してしまってから「しまった!」ということのないようにしっかりと対策をしていただけるようお伝えしてきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

自分史えほんサンプル
自分史えほん・フォト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。