不動産オーナー向け「家族信託」活⽤コラボ事業を実施中!

みなさん、こんにちは!「家族信託」や「遺言書」、「任意後見」など生前の相続対策に特化した取組を行うディアパートナー行政書士事務所です。

2022年2月28日付けでリリース配信会社「PR TIMES」(※)のリリース配信、及びパブリシティに向けてプレスリリース(松本市役所経由)を行いました。

(※)「PR TIMES」は月間約600万PVを誇る、国内上場企業26.3%超が利用する配信シェア国内No. 1のプレスリリース配信サービス。 月間1億PV以上の大手新聞社・通信社Webサイトを含む、日本有数のメディアにリリースを掲載ができる。

リリース内容は以下のとおりです。

ディアパートナー⾏政書⼠事務所(⻑野県松本市、代表 瀧澤重⼈)は、仲介実績&管理⼾数が⻑野県No1の株式会社チンタイバンク(⻑野県塩尻市、代表取締役 ⼩松 稔)と連携し、⻑野県内の不動産オーナー向けに「家族信託」を活⽤した⽣前相続対策サポートを開始しました。

”家族信託”は認知症対策の有効な⼿段であり、新しい財産管理⽅法や相続対策として、⼤変注⽬されている新しい制度です。

認知症や加齢が進⾏し、判断能⼒が失われる前の相続対策の段階で、家族に⾃分の財産を託し、代わって管理してもらう制度設計になっています。

この家族信託は、不動産の管理や活⽤においても、⼤きな効果を⽣むことから、⾏政書⼠事務所と賃貸仲介・管理業会社がコラボレーションし、⻑野県内の不動産オーナー向けに「家族信託」などを活⽤した⽣前相続対策サポートを⾏います。

ディアパートナー⾏政書⼠事務所(⻑野県松本市、代表 瀧澤重⼈)は、⻑野県No1実績の「株式会社チンタイバンク(⻑野県塩尻市、代表取締役 ⼩松 稔)」と連携し、株式会社チンタイバンクが管理している不動産オーナー向けに「家族信託の概要説明チラシ」を送付、所有不動産の建替えや⼤規模修繕にも有効に対応できることなどをお知らせしました。

家族信託の利⽤における最⼤の⼭場は、⼀番最初に⾏う”家族信託契約”の設計となりますが、家族信託制度はまだ新しく、信託の設計に詳しい専⾨家が全国的に少ないのが現状です。

ディアパートナー⾏政書⼠事務所では、全国でも有数の家族信託サポート実績を有する企業と業務提携しており、経験豊富な専⾨家がお客様の事情に合わせた最適な提案を⾏い、安全安⼼なサポートを継続的に提供することが⻑野県内でも可能となりました。

今後、株式会社チンタイバンクと連携しながら、⻑野県内において不動産オーナー向けの”家族信託”を活⽤した相続や事業承継分野のサービスを提供してまいります。

コメントを残す