ランキング「新築マンション選び プロはここに注目!」

 こんにちは、ディアパートナー行政書士・FP事務所代表の瀧澤です。

 コロナ禍の在宅勤務の普及で住まいを見直す人が増えています。最近、都市部で人気が高まっているのが中古マンションだそうですが、不動産のプロが新築マンション選びの注意点として挙げたもののランキングです。(出典:2021年5月15日付NIKKEIプラス1)

1位 駅との距離

 中古マンションでは「修繕歴や積立金」が首位に挙げられていましたが、新築マンションについては、駅からの距離が首位となりました。戸建て住宅に比べると、マンションは部屋の広さや居住用設備はある程度は標準化されている例が多いだけに、「特にマンションでは利便性が命。将来的な資産価値を左右する。」「駅との距離は他人に売るとき、貸すときの金額に直結する。」という専門家の声です。

 自分が暮らしていく上でも、交通の便が良いことはプラスに働きます。現役世代の間の通勤・通学だけにとどまらず、車を運転できなくなる老後の生活も考えれば、駅からの距離には関心を払っておきたいものです。

2位 環境や雰囲気

 新築マンションの場合は、マンション内の状況をしっかりと把握するのはやや難しいですが、近所の雰囲気などは把握することができます。「住んでいる街が好きでなければ、つまらない生活になっていしまう。長く住む視点で10年後も快適に過ごせるかをみてほしい。」と指摘するプロもいました。

 街は多角的な顔をもっている、昼は閑静なたたずまいなのに、夜は人が増え、にぎやかになるなど昼と夜の雰囲気が違う場合もあります。時間帯をずらして複数回、見学に行くことを専門家もすすめています。

3位 資金計画

 住宅価格は総じて堅調に推移していますが、特に新築マンション価格はバブル期以来の水準に達する地域もあるとされます。住宅ローンは数十年にわたる返済期間を考えるのはもちろん、老後資金や子育ての資金も踏まえた計画が欠かせません。

 何とか購入することができても、ローン返済の負担が重く、教育資金などに手が回らないような事態は避けたいものです。一方で、日常の娯楽費などを過度に切り詰めることになるような無理な資金計画は、日々の暮らしを圧迫し、楽しく生活できなくなるとプロは指摘しています。

4位 地域の将来性

 マンションの周辺状況を冷静にデータで見極める目を持つことは重要で、衰退都市のマンションを買わないようにデータから街の活性化を見る姿勢が大事と指摘する専門家もいます。

 様々なデータの中でも、特に人口の動きや都市計画などを重視する専門家が多く、人口急減エリアは避けるべきだとするプロもいました。

 新築マンションは購入価格が高い例が多いですので、周辺環境の変化で資産価値が低下すると売却時、自宅を手放してもなおローンが完済できないなど経済的ダメージは大きくなりやすくなります。

番外 入居後の不具合保証

 大手不動産会社が販売した新築や築年数が浅い中古物件においても過去数年、不適切な工事や欠陥などが断続的に発覚しています。

 特に未完成の状態で購入契約を進めることになる一般的な新築マンションの場合、購入前に一般的な人が欠陥などをすべて把握するのはかなり難しいとされています。

 新築マンションの場合は、自分の部屋だけでなく、共有部も含めて引き渡しから1~2年後まで不具合を保証するアフターサービスを徹底活用し、入念にチェックすることもひつようだと専門家は指摘しています。

戸建て住宅は?

 何かと点検項目の多いマンションですが、戸建て住宅においても独特の注意点が挙げられています。典型例は修繕費です。マンションのように積立する制度は通常、戸建て住宅には存在しません。ローン返済などとは別に自ら貯蓄していく習慣の必要性を強調しています。

 マンションに限らず戸建て住宅においても、異常気象が続く昨今、避難場所も含めた災害リスクにも、十分留意しなければなりません。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コメントを残す