フィルムコミッション:ついに「ヒノマルソウル」公開!

 ディアパートナー行政書士・FP事務所 代表 瀧澤です。

 1998年に開催された長野冬季オリンピックが舞台となっている東宝映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」が、6月18日から公開されています。ロケ地が長野県内の作品は欠かさずに鑑賞している私としては、「長野オリンピック」への思い入れも深く、居ても立っても居られず、公開初日に鑑賞してまいりました。

 主なロケ地は、長野オリンピック開催地「白馬村」と主人公 西方仁也選手の出身地「野沢温泉村」です。

白馬スキージャンプ競技場(長野県白馬村)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 映画の内容を公式サイトから以下拾ってみます。

イントロダクション

 1998年2月に開催された日本で3回目のオリンピックである長野冬季オリンピック、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、大逆転の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの、知られざる感動秘話が映画化!

 主人公は、長野県野沢温泉村出身のスキージャンパーの西方仁也(にしかた・じんや)。

ヒノマルソウル専用Webから

 1994年のリレハンメルオリンピックスキージャンプ団体戦で“日の丸飛行隊”のメンバーとして日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野オリンピックでの雪辱を誓い、日々練習に励み、代表候補として有力視されていながら、惜しくも落選。テストジャンパーとなり日本代表選手たちを裏方として支えた人物です。

 物語は、西方の金メダルへの強い想い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、怒りと嫉妬、それでも仲間の為に、日本の為に、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、深い人間ドラマを映し出します。

 また、映画の中では、聴覚障害がありながらも、国際スキージャンプ競技大会で優勝した実在の選手・高橋竜二や、ケガを負ったことでトラウマを抱えた選手、また女子スキージャンプがオリンピック種目になかった当時、テストジャンパーとしてでも長野オリンピックに参加したいという熱い想いを持った実在の選手・葛西賀子をモデルにした、唯一の女子高校生ジャンパーなど、様々な背景を背負ったテストジャンパーたちの熱い想いや、葛藤も色濃く描かれます。

 長野オリンピックでの手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決死のジャンプを、実話に基づいてダイナミックに描いたオリジナルストーリーです。

 原田選手が金メダル獲得後インタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな。」という言葉は、岡部・齋藤・船木ら代表選手だけでなく、裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちにも向けられた言葉だったのです。

 そんな西方と原田の熱い友情と絆、そして25人のテストジャンパーたちと日本代表選手たち、それを支える家族や関係者たちの想いを知った時、誰もが心を打たれる感涙必至のヒューマンドラマです。

長野オリンピックのマスコット「スノーレッツ」

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

配役 出演者

 主人公・西方仁也を演じるのは「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「あなたの番です」など、人気実力を兼ね備えた俳優・田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を、圧倒的な存在感と演技力で力強く演じ切ります。

 西方を支える妻・幸枝役に土屋太鳳、テストジャンパー高橋竜二役に山田裕貴、南川崇役に眞栄田郷敦、小林賀子役に小坂菜緒(日向坂46)、日本代表選手・原田雅彦役に『カメラを止めるな!』でお馴染みの濱津隆之、同じく日本代表選手で今なお現役のレジェンド・葛西紀明役に落合モトキ、テストジャンプコーチ・神崎幸一役に古田新太と、若手からベテランまで豪華な俳優陣が大集結! 熱い人間ドラマを大いに盛り上げます。

 監督には、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』で大きな注目を集め、様々な分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、涙無くしては観る事の出来ない、感動作品を描き上げます!

 映画主題歌は、昨年末に放送された第71回NHK紅白歌合戦で大トリを務め、圧巻のパフォーマンスで日本中を感動の渦に巻き込んだMISIAが担当。主題歌「想いはらはらと」はMISIAと初コラボレーションとなる川谷絵音(ゲスの極み乙女。)が作詞作曲。優しくも力強いMISIAの歌声が、金メダルの命運を握ることになったテストジャンパーたち、彼らを支えた家族…すべての舞台裏の英雄たちの背中をそっと押す、応援歌のような本楽曲にもぜひご注目ください。

「ヒノマルソウル」イントロダクションから

 また、挿入歌をMAN WITH A MISSIONが担当。バンド名の意味「使命を持った男」という言葉が本作の主人公西方仁也を物語るような彼らの楽曲「Perfect Clarity」が、西方を始めとしたテストジャンパーたちや日本代表選手の想いを表出するがごとく、映画のクライマックスシーンを大いに盛り上げます。

ストーリー

 誰もが知るあの栄光の裏には、誰も知らない25人のテストジャンパーたちが起こした、奇跡があった−。

 1998年2月、長野オリンピック・ラージヒル団体で日本初の金メダルを狙うスキージャンプチーム。

 そこに、エース原田のジャンプを複雑な想いで見つめる男―元日本代表・西方仁也(田中圭)がいた。前回大会・リレハンメルオリンピックで、西方は原田とともに代表選手として出場するも、結果は銀メダル。4年後の雪辱を誓い練習に打ち込んだが、代表を落選。失意の中、テストジャンパーとしてオリンピックへの参加を依頼され、屈辱を感じながらも裏方に甘んじる。

 そして迎えた本番。団体戦の1本目のジャンプで、日本はまさかの4位に後退。しかも猛吹雪により競技が中断。メダルの可能性が消えかけた時、審判員たちから提示されたのは、「テストジャンパー25人全員が無事に飛べたら競技を再開する」という前代未聞の条件だった…。

 命の危険も伴う悪天候の中、金メダルへのかすかな希望は西方たち25人のテストジャンパーに託された―。この隠された真実に、あなたはきっと、涙する−

 <テストジャンパーとは?> 競技前にジャンプ台の状態を確かめ、選手が安全に飛べるようになるまで繰り返し飛ぶ裏方

感想(個人的な感想です~ 健康サプリメントのCMか(笑))

 メインロケ地が長野県白馬村ジャンプ競技場ですので、その地域の観光振興を担当していたことがある私としましては、思い入れは十分、感情移入していき、後半、気持ちの良い涙が流れていきました。

 昨年夏に開催される予定だった2020東京オリンピック開催前に、機運を盛り上げて公開予定だった当作品。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2度の公開延期を受けて、待ちに待った公開となりました。昨年の夏前に間に合わせるために、かなりタイトな制作スケジュールだったと思われます。舞台も積雪期ですので、ロケ期間も限られていたのではないかと思います。そうした厳しい制作条件下になっても、なんとかそれなりに見ごたえのある映画に仕上がったのではないでしょうか。

東京オリンピック聖火リレー聖火皿点火(小平奈緒選手/2021.4.2/なアの県松本市)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 長野オリンピックから23年が経とうとしています。当時、家族で開催都市である長野市に住んでいましたので、開会式や閉会式、アイスホッケー、スケートを家族で見に行くことができました。同居する次女は、フランス選手団の入村式に参加する機会も得ました。当時、長野市内の小学校に在籍していた2人の娘は、一つの学校が一つの国を応援する「一校一国運動」でフランス選手団を応援していました。なつかしさもあり、非常に興味深く映画を鑑賞することができました。

どうなる東京オリンピック!

 今年7月下旬に開催予定の東京オリンピックですが、どのような運営になるのでしょうか。一応開催の方向で進められておりますが、どのような開催方法で運営されるのでしょうか。

 東京オリンピック組織委員会の皆さまのご苦労は大変なものだと思います。ぜひ、無事に、その時点でのベストな運営の競技大会になることをお祈りしております。

 それにしても「長野オリンピック・パラリンピック」良かったな~

コメントを残す