つみたてNISAの投信選び リスク知り海外株中心に

 今年度も前半が終わりましたね。こんにちは、ディアパートナー行政書士・FP事務所 代表の瀧澤です。

 日本を含めて世界の株式市場が乱高下していますね~。今回はつみたてNISAの話です。

 2018年1月に始まった積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)ですが、そこから3年半の間に何度かの世界的な株安に見舞われ、制度を利用して投資信託を買った人は含み損を抱える局面も何度かありました。それでも慌てずに元本割れも気にせず、淡々と積み立て投資を続けた人は一定の成果を手にしているものと思います。

積み立ての成果、投資対象別にランキング

 日本経済新聞では、つみたてNISAでコツコツ積み立て投資を続けた場合、どれくらい成果が出たか個別のファンドごとに振り返っています。対象は国内公募の追加型株式投信(上場投資信託=ETFを除く)のうち、18年1月末時点でのつみたてNISAに採用されていた全ファンドです。

 18年1月に積み立てをスタートし、21年6月までの42カ月にわたり毎月月末の基準価格で買い続けたケースについて、21年7月末時点で評価しています。

 つみたてNISAの年間非課税枠40万円を目いっぱい活用し、毎月3万3333円ずつ購入したことにして、投資元本の合計は約140万円で、21年7月末の評価損益がいくらになったかを計算しました。その上でファンドを主な投資対象別に日本株、海外株・全世界株、バランス型の3グループに分け、評価損益の上位と下位の結果です。

運用成績は「海外株・全世界株」が優位

 上位5本の含み益が多かったのは、海外株・全世界株で運用するグループでした。首位は「楽天・全米株式インデックス・ファンド<愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)>」で、含み益は70万円以上と、元本の約140万円がおよそ1.5倍になっています。

 複数の資産で運用するバランス型は、上位5本の含み益が40万円弱で拮抗していました。首位の「eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)」は、国内外の株式を多く組み入れ、価格変動リスクの目標を年率20%と高めに保っています。ほかの4本も株式への投資割合が高いタイプが並びました。

 日本株のグループでは、「コモンズ30ファンド」が40万円近い含み益を上げてトップになっています。それ以外の4本はバランス型の上位より含み益が少なくなっていました。

積み立て投資、下落局面でも継続が肝心

 今回の試算によると、すべての対象ファンドが3年半の積み立て投資で評価損益がプラスになっていました。運用成績が最下位だった「東京海上・円資産インデックスバランスファンド<愛称:つみたて円奏会>」でも、3万円弱の含み益を確保していました。

 つみたてNISAを使って非課税で運用できる期間は最長20年で、今回は3年半ほど経過した時点にフォーカスして比べていますが、ここまでの間には利用者の大半が元本割れを経験する場面もありました。今回の試算は、相場が下がる逆境でも積み立て投資を続けた人たちにとって将来の資産づくりに向け手ごたえを感じる結果になりました。これから始める人もけっして遅すぎることはないといえます。

何に注意すればよいのか?もうひとつの記事掲載から

 積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)が始まって約3年半がたっています。この間に株式相場は大幅な下落局面をはさみながらも上昇し、制度を利用する人の多くが資産を積み上げたものと思われます。

 つみたてNISAは2037年まで毎年口座を開設でき、20年間非課税での運用が可能となっています。利用し続ける人や新たに始める人が長期の資産形成に生かすには投資対象をどう選び、何に注意すればいいのでしょうか。

長期の資産形成に関心

 つみたてNISAの口座開設数は21年3月末時点で約361万と前年同期に比べ65%増となりました。コロナ禍で家籠りの影響もあったかもしれませんが、20~30歳代の開設が目立ち「若年層を中心に長期の資産形成に関心を持つ人が増えた」と独立系金融アドバイザーでリーファス(東京・中央)社長の西崎努氏は話しています。

 先に制度ができた一般NISAでは個別株などにも投資できるのと異なり、つみたてNISAは投資対象が限定されています。購入時の手数料や信託報酬が一定水準以下など、金融庁が定めた条件を満たす必要があり、現在対象となっているのは投資信託が192本、上場投資信託(ETF)が7本の合計199本となっています。

米国株、先進国株投信が上位

 つみたてNISAの投資枠は年40万円。これを上限まで使い、対象の投信に制度開始当初(18年1月)から今年7月末まで毎月3万3333円を積み立て投資した場合、資産はどれぐらい積み上がったのでしょうか。この記事でも考察しています。

 QUICK資産運用研究所の集計によると元本の約143万円に対し、8月末時点で最も含み益が大きかったのは「楽天・全米株式インデックスファンド」の約76万円でした。同投信は米国株式市場に上場する約4000銘柄を対象にした「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動しています。

 上位商品の多くは米S&P500種株価指数や、日本を除く先進国株式の値動きを示す「MSCIコクサイ指数」など海外の株価指数に連動するインデックス型投信でした。アクティブ(積極運用)型では「フィデリティ・米国優良株・ファンド」が3位に入っっていました。

 この結果の背景にあるのがアップルなど「GAFAM」と呼ばれる米IT(情報技術)大手の株価上昇です。7月末時点で投信の組み入れ銘柄に占めるGAFAMの比率をみると楽天・全米株式インデックスファンドで18%、フィデリティ・米国株・優良ファンドは25%となっています。個人の関心も高く、楽天証券では6月以降につみたてNISA口座で購入された投信の約5割が米国株関連だったといいます。

 一方、下位にはバランス型投信が並んでいます。バランス型は値動きを安定させるため株式のほか債券、不動産投資信託(REIT)などに分散投資するのが特徴です。例えば下位の3つのうち「東京海上・円資産インデックスバランスファンド」は国内債券70%、国内株式15%、国内REIT15%を基本としています。ほかの2つも国内外債券の比率が8~9割程度となっています。

 同じバランス型でも株式の比率を高めにした投信は含み益が多い傾向になりました。例えば、「たわらノーロード 最適化バランス(積極型)」の含み益は41万円となっていて、国内外の株式が約6割、REITと債券がそれぞれ2割前後という比率で株高の恩恵を受けた格好です。

すべての人が資産を増やせたわけではない!

 つみたてNISA対象の全投信が含み益でしたが、口座を開いた人がすべて資産を増やせたわけではありません。上昇した株式相場をみて「今から買うのは高すぎないか」とためらう人などもいるからです。

 金融庁によると、20年12月末時点のつみたてNISA口座(約302万)のうち1度も買い付けがなかった口座は3割超あったといいます。ファイナンシャルプランナー(FP)の山中伸枝氏は「いつ何をいくら買うのか迷い、なかなか始められない人も多い」と話しています。

 運用を始めても相場が動くとすぐに売却する人も中にはいます。2018~19年の利用枠で買われた商品は2975億円で、20年中に時価ベースで519億円が売却されました。NISAでは売却すると同じ枠は使えません。山中氏は「値上がり時の非課税の恩恵を受けるには長期運用が基本で、目安として10年は目指したい」と話しています。

株式中心で非課税生かす

 それでは長期で運用していくため、投資対象はどう選べばいいのでしょうか。

 まず大切なのが、つみたてNISAの口座だけでなく金融資産全体で配分を考えることです。目先必要な生活資金や3~5年内に使い道が決まっている資金は預貯金や通常の課税口座で債券などリスクの低い金融商品を利用します。

 投資収益に通常2割かかる税金が免除されるつみたてNISAでは「長期でリターンの高い株式の比率が高い投信を優先したい」とモーニングスターの朝倉智也社長は助言しています。米国株投信や、分散を考えて欧州などを含む先進国株投信が選択肢になるといいます。

 ただ株式相場の変動は大きいので、2020年春の新型コロナウイルスショックで大きく値下がりし、含み損を一時抱えた投信もありました。こうした価格変動による損益のブレの大きさを統計学で数値化したのが標準偏差という考え方です。

 例えば年率リターンが18%、標準偏差が20%の投信なら、リターンは18%を中心に上下に20%の範囲(プラス38%からマイナス2%)で動く確率が約7割あることを示しています。自分がどの程度の下落なら投資を続けられるかを踏まえて投信を選ぶことが重要になります。

 信託報酬などの費用コストにも注意が必要です。つみたてNISAは条件があるために比較的コストは低く設定されていますが、一般にインデックス型に比べアクティブ型は高くなっています。長期運用ではこのコストの差が出てきます。

一般NISAから変更可能

 一般NISAは、つみたてNISAよりも4年早い2014年1月に制度が始まりました。口座数は1224万と積み立て型の3倍強あります。投資枠が年120万円と多く、投資対象も国内外の個別株など幅広い設定です。つみたてNISAとの併用はできないため、一般NISAを選ぶ人も多くなっています。ただ非課税期間は5年と短めで、期間後も保有を続ける場合は「ロールオーバー(移管)」などの手続きの手間がかかります。個別株に投資はできるが、取引の単位である1単元が100株だったり、1単元当たりの株価が高かったりする個別株では購入できる銘柄が限られるなどの制約も出てきます。年120万円という枠では思い切った運用はできませんね~

 投資初心者やより長期の資産運用が目的なら、つみたてNISAの方が使い勝手は良いとされています。いったん一般NISAを開いた人でも変更は可能です。

 その年に一般NISA口座で1度も取引をしていない場合に、原則として9月末までに口座を持つ金融機関へ区分変更の届け出をすれば年内に新たなつみたてNISAの口座で取引できます。

 元の口座を1度でも利用すると新口座での取引は翌年からとなります。変更の手続きは原則10~12月までとなっています。金融機関も変える場合は口座や勘定の廃止と開設の手続きが必要となっています。税務署の審査も再度必要になるため、1週間から1カ月程度かかることが多いようです。

私も金融機関を変更してみます!

 私は、長野県内に本店のある金融機関でNISA口座を開設していましたが、利用できる商品数が少ないため、SBI証券への変更を考えています。今年中に取引していますので、来年からの運用になりますが、10月中に手続きを進める準備をしています。

 今年還暦の私ですので、つみたてNISAでなく、引き続き一般NISAで運用したいと考えています。またの機会に手続きなどなどの実践記をブログできれば良いですね~。とりあえず10月初旬に口座を持つ金融機関へ手続きに行ってきます。

長期投資で果実大きく 余裕資金で定額購入を

 海外株か日本株か、様々な資産に投資するバランス型かといった投資対象も運用成績を左右しますが、おおむね運用年数が長いほど保有者平均リターンが高まる傾向にあるようです。保有者平均リターンと設定来リターンとの間の相関も高くなっています。

 今回の考察から、つみたてNISAを資産形成で活用するならば、早く始めて長く継続するのが得策であることが示されています。積み立て投資では時とともに投資元本が増え、収益率によって得られるリターンの額の大きさが膨らむ効果も期待できます。最長20年間の非課税期間、購入時手数料無料、低コストといった制度上のメリットも大きいものがあります。

 ただし投資である以上、元本割れリスクは排除できません。コロナショック時も株価急落局面で投信の基準価格も大きく下がりました。積み立て投資では、毎月の余裕資金を機械的に投信の定額購入に充てることを継続し、いつのまにか資産が増えていく期待にかけるのが醍醐味になります。

まとめ 投資の王道「ドルコスト平均法」

 今回のまとめです。

 つみたてNISAは、投資の王道である「ドルコスト平均法」を地で行くサービスです。20年という長い時間を自分の味方につけることができます。とくに若い皆さんは、残された人生の長さを味方につける資産形成を目指してください。

 還暦を超えた私は、つみたてNISAでなく、一般NISAで頑張ってみますね(笑)

コメントを残す