認知症対策としての財産管理の方法としては「成年後見制度」が、自分の死後の財産分配については「遺言」の制度がすでに存在していますが、近年注目されている方法として「家族信託」があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: バナー加工用2-1024x432.jpg
家族信託専用Webはコチラ!

◎まずは、簡単にマンガでご説明いたします。

◎マンガで関心を持ったら、「リスク診断」してみましょう!

◎認知症対策にも有効で、いま注目のオーダーメイド型の相続対策は↓

最近注目されている「家族信託」は、「認知症対策」や「相続対策」に柔軟に対応する新しい仕組みです!

 ディアパートナー行政書士事務所 (長野県松本市)は、2021年8月、 トリニティ・テクノロジー株式会社 (東京都/代表取締役 磨 和寛)と「家族信託に関するコンサルティング」業務提携契約 を締結しました。

 トリニティ・テクノロジー株式会社が属するトリニティグループは、 司法書士法人・弁護士法人・行政書士法人などで構成され、 「家族信託組成件数」全国トップクラス のグループです。

 ディアパートナー行政書士事務所では、 この業務提携をきっかけに、 円満な相続に向けたサポートに積極的に取り組んでいきます。

専用Webはコチラをクリック!